キャッシングカードの審査方法は?

病院や事故などでどうしてもお金が必要な時に手助けとなるのが消費者金融や銀行が提供するキャッシングです。キャッシングカードを作成するには消費者金融や銀行が指定する審査を受ける必要があります。審査の項目ですが多岐にわたります。まず最初に信用情報登録機関にクレジット履歴の確認を行います。

万が一こちらの信用情報の中に遅延や延滞などの金額事故の情報がある場合には審査の通過がかなり難しくなります。次にきちんとした収入があるかどうかを確認していきます。申請書に記載された勤務先に電話をしていきます。本人が電話に出れば1番良いですが、本人が出ない場合でも外出していたり休みである事が確認できれば良いとされています。

万が一勤務先への在籍確認ができない場合には安定した収入がないと判断されるだけでなく、申請書に嘘を書く信用できない人と判断される場合があります。勤務先も対象となります。公務員だと評価が高く、次に会社員となります。自営業の場合は市町村が発行する税金の証明書を提出しなければならない場合があります。緊急連絡先も対象です。

消費者金融審査甘い口コミでも銀行は遅延や延滞などの金融事故の状態になった場合に連絡をしますが、その際の連絡が取れるかどうかを確認します。これらの連絡をする場合は個人名で電話するので他の人からはキャッシングの申請をしたことは分からないので安心です。以上のようなことをして一定の評価を得た人のみにキャッシングカードを発行されます。

関連記事